フラワーエッセンスとは?

フラワーエッセンスとは?フラワーエッセンス(フラワーレメディー)は、

1930年代に医学博士でホメオパスでもあったエドワードバッチ博士が確立した

自然療法の1つです。

 

アロマセラピーやハーブ療法は植物の成分を利用するのですが、

フラワーエッセンスは個々の植物の持つ生命力(気)を水に転写したものを用いて、

マイナス感情に働きかけ、調和をもたらす療法です。

 

赤ちゃんから大人まで、動物や植物など様々な方法で使用することができます。

 

ホメオパシーともどこか似たところのある療法ではあるのですが、

働きかけの領域や製造方法も異なっており、

 

フラワーエッセンスは、

ホメオパシーや西洋医学を含め他のどんな療法ともその作用を侵すことなく

併用することができます。

 

バッチ博士は、心身の不調をある一面だけ捉えるのではなく、

人間全体を観るというホリスティックな視点から

本当の意味での癒しとは、病気ではなく「患者自身を癒すこと」であるという事に気づき

 

野に咲く38種類の植物から、フラワーエッセンスを生み出しました。

 

人間がそれぞれの個性と特徴をもつように、 植物にも個性や特徴があり、

生育環境や形状、花の繁殖方法などを観察することで、その癒しの力を感じとり

それを必要とする人間の状態を理解していきました。

 

病気や困難な出来事は、ただ単に苦しみだけをもたらすものという訳ではなく、

自己を見つめ直す良い機会でもあるということ。

 

フラワーエッセンスを生活に取り入れることで、

自分自身を知り、俯瞰することによって、周囲や出来事を理解することを助け、

そのプロセスから、自分らしく生きる事を導きます。

 

バッチ博士の見出したエッセンスは植物のみでしたが、

 

現在では、各国に様々なメーカーがあり、人間と自然界の相関関係から

アクアマリンやルビーなどの鉱石(ジェムエッセンス)からできるものや

トカゲや蜘蛛などの動物(アニマルエッセンス)からできるもの、

イルカや海洋生物からできる(シーエッセンス)、癒しの水やオーロラなどの

自然現象からできる環境エッセンス(エンバイロメント)など広がりを見せています。


1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください